2010年02月10日

ツイッターはじめました。

何と、還暦前にしてツイッターをはじめました。何がなんだかまったくわからないのですが。とにかく、始めました。
まあ、どうなることやら。
torasakusa ←コチラ
なんか、フォローがどうのこうのって言っていますね。
わからない!
タグ:ツイッター
posted by フル at 12:08| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 旦那日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

おしん(小林綾子さん)が本家に来たぁ!

なんと、あの「おしん」(小林綾子さん)が、
私の福島の本家に来たぁ!!(モノマネの山本風)

先週、4歳上の従兄が上野に来て「みっちゃん、この前、おしんが本家に来たよ」って急に言ったので、びっくりして話を聞いたら。

どこでみたのか、私がボケ防止の為に作っていた本家のコンニャクのHPを、どこかのネット販売の会社が見て「こだわりの食材云々・」って
ことで、なんと、おしん(小林綾子)さんが本家に直接いらっしゃって。

そのコンニャクを食べて、従兄と対談したそうです。
それにしても、福島県の棚倉町(本当にカントリーなとこですよ)に、小林綾子さんが来たっていうのですからびっくりしました。

まあ、わたし的には日本一高いコンニャクと思っている、
「小松屋本家 家伝 つるりん蒟」を食べて「美味しい」といってくれたのが、びっくりです。

対談の載っている「小松屋本家 幻のこんにゃく 家伝つるりん蒟」はコチラです。
honnke1.JPG
まあ、コンニャクもユニークですが。本家の母屋も一見の価値ありますよ。従兄家族は実際にココで生活しているのですから、すごいです。
(画像クリックをすると、かなり大きくなります)

ホテル小松
昭和ムードタップリの駅前・コンビニエント・タタミ・格安ホテル(畳スタイル)上野駅徒歩1分、手荷物預かりあり、一部屋に二人で泊まれば1人3500円(日曜及び連休最終日なら1人3200円)
posted by フル at 12:45| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 旦那日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

久しぶりの再会

昨日、浅草の先輩の旅館に用事でいったら、本当に久しぶりに旧知の落語家の師匠にお会いしました。
古今亭菊龍師匠とおしゃるのですが、いまから10年以上前に一緒に獅子舞を習った仲です。

とっても、お酒のお強い師匠で、酒の弱い私から見ると「化け物」に感じられました。
父の褒章(藍綬褒章)のときも、すばらしい余興をやったくださいました。
昔は髪がふさふさだったのですが、いまは、きっぱりと剃ってしまい、
ました。
昔は↓こんな感じの痩せた色男だったのですが。
hanasika.gif

ちょっとみると市川団十郎に(似てないこともない)と、ご本人がおっしゃっていました。
菊龍の言いたい放題というブログのプロフィールに写真がありますから。
皆様ご自身の目でお確かめください。
プロの噺家さんのブログですのでとても面白いですから、
是非に遊びにいらっしゃって下さい。
タグ:浅草 噺家
posted by フル at 10:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

上野で焼肉食べるなら、ココをお薦めします。

g191300ps4.jpg上野で焼肉を食べるなら、わたし的には太昌園をお薦めします。

口が肥えてる、地元の旦那衆(アメ横や旅館組合のオヤジ達)が「焼肉食べに行こう!」っていったら、それは太昌園に行くということくらい、利用されています。

とにかく美味しいし、コストパフォーマンスがいいです。
スタッフの気配りもとっても行き届いています。

紙エプロン、オシボリの交換、デザートのサービスは当然ですが。
ココでしか食べられない珍しいお肉や、珍しい料理がリーゾナブルな値段で食べられます。

それに、季節ごとに多彩なサービスやポイントを利用すると本当にお徳感があります。

べつに宣伝費をもらっているわけじゃないですよ!
本当に1円ももらっていません!

まあ、味の好みは人それぞれだし、価値観もそれぞぞれですからね。
ただ、少なくても「地元の旦那衆がよく利用する焼肉屋」さんであることは間違いありません。

上野に遊びにいらっしゃった時焼肉が食べたくなったら、一度、試してみてはいかがですか。
タグ:上野 焼肉
posted by フル at 05:29| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 旦那日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和30年代の上野浅草の悪ガキ言葉は強烈でした。(リライト)

075383.png昭和30年代の上野浅草の悪ガキ言葉は今考えると強烈でした。
以前、アサヒビール本社ビル(正式名称・アサヒスーパードライホール)を、元・悪ガキの下町のオヤジ達がなんの疑いもなく「ウ〇コビル」と日常的に呼んでいるとお話しましたね。

昭和30年代この辺の子供達はどういう訳か「この種の言葉」が「大好き」です。わけもなく会話に入れるなら「子供っぽいなぁ」と微笑ましいのですが。当時の下町遊びの王道である「ベーゴマ」での、ルールやまわし方にも「この種の言葉」が正式(?)名称として使われていました。もう、スタンダード・ワードになっていました。

本当に不思議です。このあたりの事を研究して学会発表したら、民俗学的に評価されて柳田国男賞がもらえるかもしれません。

その代表的な表現を用いている2種類ある「ベーゴマのひもの巻き方」の呼び方をご紹介します。但し、風紀上の理由で、そのまま表記できないことをご了承下さい。
最近では上品に、「男巻き」「女巻き」と呼ぶそうですが、私の記憶では当時そんな風に呼んでた奴はタダの1人もいませんでした。

「男巻き」は「CHI〇コ巻き」、「女巻き」は・・「MA・」あっ、やっぱりやめます。「女巻き」の呼び方は恐ろしくてかけません。
makikata01.gif
その上、のベーゴマ中のだと興奮してきて(巻き)の言葉が抜けて「やっぱりCHI〇コより、MA・・のほうがリキ(力)はいるよな」とか「いや、俺はやっぱりCHI〇コは、ひっかけには、向いているぜ!」とか、とにかく「チ」だとか「マ」だとかの単語が行きかっていました。今考えると「恐ろしい会話」でした。

そんな悪ガキ共がオヤジになってるのですから、よく考えてみれば「アサヒスーパードライホール」を「ウ〇コビル」といっても仕方ないのかもしれませんね。大目にみてくださいませ。ちなみに浅草を案内した外国の観光客もやっぱり「そう見える」そうですよ。

ホテル小松
昭和ムードタップリの駅前・コンビニエント・タタミ・格安ホテル(畳スタイル)上野駅徒歩1分、手荷物預かりあり、一部屋に二人で泊まれば1人3450円(日曜及び連休最終日なら1人3000円)


posted by フル at 05:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。