2007年12月15日

わかっちゃいるけど「替えなかったです」だって!まるで、スーダラ節の歌詞ですよね。

大噴水の東側の木々の中に上野公園の生みの親と言われているボードワン博士の胸像があります。(最近不親切な地理案内になってきて申し訳ありません。上野に遊びにいらっしゃる時はコンパスをお忘れなく100円ショップので十分です)
07-11-14_10-26.jpg
がぁ!昨年まではその胸像は博士ご本人でなく博士の弟さんだったのです。昭和48年の設置から昨年までの33年間も別人を設置していたのです。これだけだってお間抜けな話です。

さらに笑える事はそのことは20数年前から台東区役所も関係者もわかっていたということです!

そんな事も知らない、上野公園に遊びにきた純朴な全国の修学旅行のこども達は「あっ、上野公園を作った人だぁ!」と言いながら記念写真をとっているの近くのベンチでこども遊園地で買ってきた、おつまみ付350m缶250円の缶ビール2本目を呑みながら

「違う!それは彼じゃない!」と何度教えてあげようとおもったことでしょうか。

でも、ヤメました。それは区役所の皆さんの「お顔を潰しては」いけないという心配りからです。

ジモニー(地元のオヤジ)はこのように「お上の顔」を「立てる」のです。

私の崇拝する故植木等先生のスーダラ節の替え歌じゃあるまいし、ボードワン本人じゃないのは「わかっていたけど、替えませんでした」という、いかにも上野らしい「良い話」(?)です。
年末年始の海外旅行にアメリカン・エキスプレス
ラベル:上野 浅草
posted by フル at 06:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 上野浅草のおもしろ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。