2008年02月04日

上野でも左甚五郎の作品がご覧になれますよ。

昭和30年代、台東区立の小学校の修学旅行はほとんどが日光でした。日光東照宮はお決まりの見学コースした。
でも、ほとんどの子供達にとっては、夜の枕投げやキャンプファイアーの方が修学旅行の思い出に残っていたのではないでしょうか。

日光東照宮でのメーンは落語やお芝居で親しんでいたので、馴染みやすかったので左甚五郎眠り猫でした。

そして、初めて見た子供たちが必ず言う言葉は「なぁーんだ、ちっちぇいなぁ・・、上野東照宮の龍の方がゼンゼンおおきいぞぅ!」でした。

当時の私達には名工の眠り猫の良さは、ほとんどわかりませんでした。
当時の私達にとっては「大きいか、小さいか」が大切だったのでしょう。

まあ、小学校の修学旅行の思い出ってそんなもんでしょう。
karamon.jpg
その、唐門に左甚五郎の昇龍(のぼりりゅう)降龍(くだりりゅう)がありますので、春になりお花見で上野にいらっしゃった時、お時間があればチョッとお立ち寄になり、ご鑑賞なさってはいかがですか。
上野動物園表口向かって左側にある鳥居をくぐってお進みください。

本物を知る大人のための極上の一枚 【ダイナースクラブカード】
海外旅行の時や、エアーライン、外資系のホテル利用でのステータスはやっぱりなんと言ってもダイナースクラブです。チェックインの際の対応が本当に全然ちがいます。いまなら初年度会費無料だそうです。
ラベル:浅草 上野
posted by フル at 06:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 上野浅草のおもしろ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。