2009年05月31日

神谷バーで「ふむぅ、このオヤジなかなか出来るな!」と思われる呑み方。

dk.jpg
先日、本当に久しぶりに「昼呑み」で神谷バーに行きました。
その時、レジでチケットを買う際に、私の前の(神谷バー初心者)さんが、
「えぇ、何しようかなぁ・?枝豆と、エーと、串カツとぅ・」なんて、チケット売り場左側のサンプルケースを「見ながらぁ!」注文していました。

心優しい私は、微塵もイライラせず「素人さんは、しょうがないなぁ・・」と余裕の引きつった笑顔で3分以上(計りましたぁ!)待ってました。
ただしい!!たとえ、東京に初めて来たとしても、「上野浅草・通(つう)」を気取りたいなら、神谷バーでは、以下のように注文なさることをお薦めします。

まず、チケットカウンターから約20cm開けたところに立ち、サンプルケースには目もくれず、係りの目をみて、ちょっと低めの声で「電気ブラン3ばい、生ビール中ジョッキ1杯、煮コゴリ(これが通!)1つ」といって千円札一枚を左手でスッとさしだしてください。そして、チケットを受け取ったら、かならず、渋い笑顔で「ありがと」といってください。

そうすると店員さんが「ふむぅ、このオヤジなかなか出来るなぁ!」という目でみてくれますよ。(だから、何だぁ!の世界ですけど)
実は、追加の飲み物も食べ物も席で後からホール係さんにいくらでも、お願いできるのですよ。

それに、その時に半端のおつり、例えば120円とか140円円とかは、そのホール係さんに「これ少ないけど、取っておいて」なんてなんて何気なく渡すと。お金の問題じゃなって、なんていうかな・・、チョッとしたコミニケーションができて、そのうち、いい酔っ払いとホール係りの関係になります。
そうなったら、神谷バーでの正統派酔っ払いオヤジの仲間入りです。

ホテル小松
昭和ムードタップリの駅前・コンビニエント・タタミ・格安ホテル(畳スタイル)上野駅徒歩1分、手荷物預かりあり、一部屋に二人で泊まれば1人3750円(日曜及び連休最終日なら1人3300円)
ラベル:上野 浅草
posted by フル at 06:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

心のタイムマシーン

先日、高校時代の寄宿寮の「集まり」がありました。
その時になんと40年ぶりに遇った同室の後輩が二人もいました。
はじめは、お互いに判らなくて「どうもぅぅ・・」なんて「だれだったかなぁ・・?」ってな感じで挨拶して、お互いに名前を名乗ったその「瞬間」に、40年前にタイムトリップしました。

「おおお、〇〇かぁ!!!」「あああ、〇〇さんでしたかぁ・!!」で、年甲斐もなく白髪頭のアラウンド還暦(アラカン)のオヤジ三人が抱き合って再会を喜びました。

彼等も頑張ってきて、二人とも自分の会社を経営していたり、重役になっていたりしてました。

でも、そんな事は「その場」ではまったく関係なくなり、もう40年前の1歳違いの寮の同室の先輩後輩の世界にトリップしていました。

アンシュタインの相対性理論では、理論的にはタイムマシンも可能だそうですが。「心のタイムマシーン」は意外にも私達の回りにあるのかもしれませんね。

「同窓会」はその代表かもしれません。とくに私達の場合は多感な高校生時代に生活をともにしてきたのでなおさらでした。
本当に楽しかったです。

今は会社の経営者や、大きな会社の重役やゴルフ場の理事長さんや、超有名料亭の社長や、大学で教えるような地方の有力者が、多分最近ないでしょうが、「さん」も付けられず呼びつけにされ、会話の中には「社長やってるのかぁ!そうか、そりゃ凄いな、バカ野郎」「おお、もう孫いるのかぁ!そりゃたいしたものだな、バカ野郎」「大学で教えるのかぁ、そりゃ学生が可愛そうだなぁ、バカ野郎」と、意味も無く「バカ野郎」って単語が自然にはいってしまい。

社員や学生の方が聞いたらきっと怒り出すような「すさまじい」会話が行きかっていました。
でも、「そこ」にいるのは、社長でも、重役でも、先生でも、そして、上野の旅館のオヤジでもない。

青春まっただなかの、17歳と16歳の少年達だったのです。
本当に、本当に楽しかったです。

もちろん、恩師の先生方もいらっしゃって、60近いオヤジ達はその先生達の前では、当時のしょっちゅう説教されたり、叱られて正座させられたり、外出禁止で反省文を書かされたした、イタズラ盛りの少年そのままでした。本当に楽しかったです。

皆さんも「心のタイムマシン」をお持ちですか?
追伸・ちなみに私は高校時代は応援団でした。
036368.gif


posted by フル at 07:07| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 旦那日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

とんがった石の謎、上野の石垣

谷中霊園を散歩していると、不思議な事に気がつきます。
良く見ると、霊園のそこかしこに「とんがった石」数学的な言い方すれば「四角錐」型の大きな石があります。
08-07-24_10-03.jpg
言問通りから、徳川慶喜公の霊廟にいたる道には路肩に車止めとして並べられてもいます。
aisi2.jpg
途中の放置自転車の保管場所にも大きな石が沢山積み上げられています。そして、その殆どが「とんがった石」なのです。

調べたところ、これらの石は「石垣」のパーツだったのだと思われます。

江戸時代になってから造られた石垣は基本的に大体「四角」になっています。しかし、その後ろの部分は写真のように「錐状」になっているようです。

上野に住んでいると、アノ形の石は上野の山ではそこかしこで見て何も珍しく思わなかったのですが。

調べてみると、上野戦争(戊辰戦争)の戦乱で破戒された寛永寺の多くの伽藍の名残だと思われます。

寛永寺の第二霊園内には立派な石垣が残っています。
また、京成上野駅から西郷さんの銅像に行く2つ目の階段の両脇も立派な石垣があったと記録に残っています。

こんど上野の山をお散歩なさった時h、とがった石を見つけたらこれらの石が整然と積み重なっていた立派な石垣があった、寛永寺境内の昔に思いをはせてみてはいかがですか。

ちなみに、第二霊園の石垣は「篤姫のお墓」のすぐ傍ですよ。
posted by フル at 06:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

金メダリスト、石井慧さんのサイン、その2

先日、北京オリンピック柔道の100kg超級の金メダリストの石井慧さんのサインが意外なところにあると書きましたが、今日はその続きと訂正です。

久しぶりに「昼呑み」で、養老乃滝の上野店に先日いったので、確かめたところ、日付は8月ではなくて4月12日でした。私の記憶ではこの時点ではまだ、オリンピックの最終選考は決まっていななったとおもいます。

そんな時期に石井選手が上野の養老乃滝で呑んでいたとおもうとなんか面白いですね。
aisii.jpg
そして、よく見ると、このサインに左側には「柔道」ではなく「JUDO」と書いてあるのです。

石井選手は「柔道」ではなく「JUDO」で金メダルをその当時から目指していたのでしょう。

総合格闘技に転向を宣言し、今話題の人のサインが養老乃滝の上野店の壁に直接かかれているのですからなんか妙なきがします。

お時間があったら夕方4時から「呑めます」し、その上、「お通し」代はとりませんから。

「昼呑み愛好者」の方はいちど、石井選手のサインをつまみ明るいうちから一杯いかがですか?

なんて、私のようなバカ旦那じゃあるまいし、そんな時間から呑む方はいませんかね・・・

ホテル小松
昭和ムードタップリの駅前・コンビニエント・タタミ・格安ホテル(畳スタイル)上野駅徒歩1分、手荷物預かりあり、一部屋に二人で泊まれば1人3750円(日曜及び連休最終日なら1人3250円)

posted by フル at 06:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 旦那日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

上野に本社があるのご存知でしたか・・?

先日、テレビ朝日の「アメトーク」という番組を何気なくみていたら、

ウッチャンナンチャン、出川哲朗、マギー審司、アントキの猪木、狩野英孝、等の多くの有名芸能人が所属している

マセキ芸能社の特集(?)でした。

現在、港区の芝に大きなオフィースがあり、そこを中心に活動しているのですが、実は本社は台東区役所のスグそばにあるのです。

もしかしたら皆さんも気がつかないうちに通りすぎているかもしれないくらいの目立たない建物ですよ。

そして、話の流れで、社長の写真が出てきてビックリしました。

なんと、やっぱり!私の弟の小学校(旧下谷小学校)の友達のお父さんだったのです。

そういえば、子供の頃の台東区のお祭りでは空き地があると、即席の舞台がつくられて、そこで漫才や、手品や、腹話術をやっていてとっても楽しかったです。
049051.gif
その手配なども当時の「マセキ芸能社」はやっていて、お若い頃の内海桂子、好江(故人)さんの漫才も子供の頃に何度もお祭りで拝見していました。

そういえば、顔なじみの弟の「とうちゃん」(現社長)が芸人さんをかいがいしくお世話していたのをぼんやりと憶えてます

日常生活とは違う、華やかな雰囲気に子供心にとっても楽しいお仕事のようにあこがれていました。

その「おとうちゃん」が、いまは有名タレントを多く抱える大プロダクションの社長さんになっていらっしゃったのです。

努力なさって時代の流れをしっかりつかみ大プロダクションの社長になっている「おとちゃん」と、相変わらず上野で旅館の「旦那」をやっている自分と比べてしまいちょっと複雑な気持ちでした。

まあ、何の徳にもならないでしょうが、今度、TVでマセキ芸能社というテロップがでたら、

「実はマセキ芸能社の(幻の)本社は台東区役所のソバにあるのだよ」なんて言うと、ちょっとは「台東区通」ぶれるかもしれませんよ。


ホテル小松
昭和ムードタップリの駅前・コンビニエント・タタミ・格安ホテル(畳スタイル)上野駅徒歩1分、手荷物預かりあり、門限なし、一部屋に二人で泊まれば1人3750円(日曜及び連休最終日なら1人3300円)



ラベル:台東区 上野
posted by フル at 19:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旦那日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。